×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アビオスサイクリング
町田あいす工房ラッテ〜城山湖
2008年11月1日(土) 晴れ 強風
◆ルート
START〜境川〜町田街道〜町田アイス工房ラッテ〜城山湖〜48号〜上田名〜54号〜上溝〜57号〜淵野辺〜国道16号〜つきみ野〜クリエイト〜END
時間帯 走行時間 平均速度 走行距離 最速速度
9:04-16:40 3:21:59 17.5 Km/h 59.06 Km 38.0 Km/h
ママチャリ耐久レースの参加署名捺印に、やっちさんとお会いする
 来年1月10日の富士スピ−ドウェイママチャリ耐久レースの参加にあたり、やっちさんと落ち合って書類に署名捺印をすることになりました。
 落ち合う場所は私が決めました。やっちさんちから近くて、やっちさんの好きなジェラートが食べられる町田あいす工房ラッテ。ネットで知り合って初めて会う人だから、人目につく所。11時に約束しました。
 ルート検索によると、速度10km/hで約2時間。今日は朝からピューピュー音を立てて風が吹いています。アビオスならもっと早く着くでしょうが、約束に遅れたくないし強風の中無理して走りたくもないので、余裕を持って朝9時に出ることにしました。
 出発前に駐輪場の整列マナー違反者への警告書を貼って行こうと思っていましたが、時間がなくなってしまいました。
 念のため町田あいす工房のHPを見てみたら、相原店以外に忠生店があったので、家政学院大学前の相原店と思い込んでいた私は、確認も兼ねて、出発するとき「相原の町田あいす工房ラッテでまた。」と打っていざ出発!メールをやっちさんに送りました。

 今日は、風が強くて冷たい。寒い!レギンスとランスカだけでは寒い!せっかくおしゃれな格好したのにジャージ穿かなきゃだめ?いや、やっちさんに会うまでは、ジャージなんか穿きません。
 城山湖は寒いだろうから、リュックの中のリュックを追い出してジャージのズボンを入れて出かけます。
 
境川〜町田街道
 風が強いこと。のんびり20km/h前後のスピードで走りました。あんまり早く着きすぎてもつまらないから時間を見ながら。
 走り出したら体も温まってきて、もう寒くありません。
 途中でリュックを背負ったママチャリおじさんを見ました。ここにもママチャリスト健在。
 上流に向かう境川流域は、海に向かう境川流域とムードが違うといつも感じます。なんだか暗く寂しく感じる。私は海に向かう時の境川の方が好きです。
 舗装道路でなくなったので、常盤から町田街道に出ました。
 アビオスになってから、堂々と車道を走るようになりました。

 相原三叉路で勘違いして右の道に入ってしまい、すぐT字路になったのでまた町田街道に戻ります。
 こんなに遠かったかな。不安になって相原駅を過ぎた所で一度地図を確認。OK。

 相原十字路で右折して坂をなんなく上って、町田あいす工房ラッテに到着。
 10時半でした。
 町田あいす工房ラッテまでの
 走行時間:1:15:09 平均速度:17.2km/h 走行距離:21.58km 最高速度:30.0km/h
      
やっちさん 
 おととしの夏ごろだったでしょうか?やっちさんが初めて私のサイトに遊びに来てくださったのは。
 やっちさんの書き込みをヒントに秋川渓谷にも行きました。その後時々遊びに来てくださって、私の(年下の)義姉のさくらさんと同年でさくらさんも加えてよく話が盛り上がり、だいぶ馴れ親しみました。
 今年の夏頃だったでしょうか?やっちさんが、今年参加した富士スピードウェイママチャリ耐久レースに来年も出るんだという話から冗談半分に「ふぅさんも出たいですか?」て聞いてくれたのが、本当になっちゃったんです。

 ふぅ1号を買うとき、ママチャリの3段変速にするか6段変速にするか迷いました。ママチャリ耐久レースに出るママチャリの定義は3段まで、6段だと参加できません。ママチャリ耐久レースに興味はあったけれど、ママチャリで遠出したかったのと、どうせママチャリ耐久レースは会場に行くまでが遠いから参加実現は難しいかと思い、レース参加は諦めて6段変速にしたのでした。

 だから、今年やっちさんがママチャリ耐久レースに出たと掲示板で読んだときはうらやましかったのですが、ネット上のつきあいの人に、私も仲間に入れてとは言い出せずにいました。
 やっちさんが冗談でも声をかけてくださったことに感謝しています。
 さくらさんも誘ったのですが返事はNOだったので、タカ(ホリデーサイクリング2007年8月4日「秦野の友人宅へ遊びに国道246号を往復」を参照)を誘いました。

 このレースに参加するには、署名と捺印が要るということで、会うことになったのですが、秦野在住で忙しいタカの分は代筆することにして私だけやっちさんと会うことになりました。

 いつもサイクリングのときはスッピン(化粧が汗でくずれると汚くなるから)で汗やほこりで顔は汚れ、格好もさえないので人と会いたくないのですが、やっちさんと会うとなるとスッピンは見せられないし、いつものダサイ格好は恥ずかしいなあ。
 やっちさんは、いつもHPの写真で私の格好を見てわかっているから気にしなくていいと言ってくれたけど、私はまだ花も恥らう年頃だから(?)、そういうわけにもいかんのよ。

 約束より30分早く着いたけど、やることはあるのです。トイレの鏡で乱れた髪を直したり(乱れた顔は手の施しようがありません)。
 早く着いたからと言って知らせたらやっちさんをあわてさせるから、やっちさんが来るまで自分撮影でもして待っていようと思っていました。それで例のゴリラポッドを庭の椅子に取り付けようとしていたら、自転車に乗ったやっちさんの姿が目に入りました。
 白いフレームに赤いタイヤ。やっちさんに間違いありません。髪の毛が茶髪に見えて、カッコイイサングラス。若い!あ、そうか、私より5つも若いんだっけ(本当は4つ違いだと後で知りました)。
 出したカメラもリュックにしまって、イソイソソワソワ。

 なんだか恥ずかしいけど、ごあいさつ。
 すごい汗ビッショリです。私が9時に出発なんてメールを送ったからあわてさせたのでしょうか。
 聞けば、今坂を越えてきたのだそうです。
 じゃあ、早速アイス食べましょう。だから私は飲み物を持たずに来ました。
 やっちさんは、バニラとオレンジ。私はラムレーズンとパンプキントン。パンプキントンなんて重そうだけど、ハロウィンにちなんで。
 テーブルに着くとき、「今日はおしゃれですね。」とやっちさん。
 「昨日買ったの。今日のために!」
 やっちさんは笑っていました。
 色も格好も年不相応かな、と思いつつ若作りしていって、やっちさんに、なんじゃその格好、と思われたらどうしよう、と心配していたのですが、ホッとしました。
 まずはアイスの写真撮って・・・それにしてもすごい汗ね。もともと汗っかきなんだそうです。
 やっぱりかぼちゃとさつまいものパンプキントンは重いのでしょうか、お腹がいっぱいで全部は食べきれませんでした。
 
 署名捺印も終わり、おしゃべりしたりお互いの自転車に乗り合いっこしたりしました。
 やっぱり男性は自転車に詳しいですね。やっちさんのノウハウもいろいろ教えてもらいました。

 名残惜しいけど時間になったので、ここでお別れしました。
 写真で見たやっちさんの自転車といつもの書き込みのイメージ(ナイスなツッコミあり、文章が端的でわかりやすい)から、なんとなくクールな人のイメージを持っていましたが、お会いしてみたら素朴で優しそうな感じの方でした。
 会ったときは、想像と違うと思っただけでどう違うのかわからなかったのですが、考えてみるとそういうことだったと思います。
 堅いお仕事をなさっていると聞いて、尚安心しました。
町田あいす工房ラッテにて
 
城山湖 
 チャリナビを使おうとしたら、マイチャリナビは登録されてないスポットは住所で検索しないと位置の指定ができません。城山湖を登録するのを忘れていました。住所も知りません。携帯電話はパケット放題契約していないので携帯ネットはよっぽどでない限り使わないことにしています。
 本の地図も持っていましたが、面倒なので、道路標識を見ながら行くことにしました。
 と、川尻という交差点で、右方面に相模湖、津久井湖の標識。
 あれ?来すぎた?おかしいなあ、と思いつつ向原まで。
 地図を確認。やっぱり来すぎた。なんだ、標識に城山湖とあったのは1回だけ。
 小松橋まで戻りました。面倒くさいけど、セブンイレブン相模原城山川尻店に寄ってトイレを借りて飲み物調達。
 もしかしてこの先急な坂道に遭ったときのために飲み物は必要。昼時なのですが、城山湖のコミュニティ広場とやらに売店があることを期待して食べ物は買いませんでした。

 しばらくは、楽ちんな道でしたが、やっぱり城山湖。侮れません。上り坂が続きます。
 テニスコートがあったあたりでしょうか。一番軽いギアで上って来ましたが、前方を見るとかなりの勾配の坂道が見えます。え〜、あんな坂上るのぉ?押して歩かなくちゃならないのかなあ。
 ここまでで既に汗をかいています。それまでしていた眼鏡スタイルのサングラスから本気モードのサングラスにかけかえます。
 と進んで行ったら、上り切れちゃいましたよ。上り切ったコミュニティ広場の前では心臓はドキドキ鳴っていましたが息は上がっていません。

 広場からリュックを背負ったご老人が出てきました。
 「自転車で来たの?こんなとこ」
 「はい、上りきりました。」
 「すごいねえ。僕も自転車に乗るけど、こんな所は歩きだね。」

 でも、城山湖の散策路は、がけ崩れのため、一部通行止めだそうです。
 行ける所まで行ってみましょう。

 散策路の入り口に来ましたが、自転車はだめだって。どうしようかな。でも、立て札の地図を見ると、散策路に入らないと城山湖が見えそうにありません。自転車を置いて歩くことにしました。
 カゴから荷物を出すとき、自転車が倒れそうになったのをかろうじて食い止めました。倒れたら、横のドブに地図を落として汚すところでした。

 散策路は最初から急坂。良かったチャリ禁止で。こんな坂、チャリではよう上りません。
 散策路。寂しい道。何人かハイカーとすれ違い挨拶しましたが、ひとりぼっちだと怖い道かも。
 歩いていると、ソックスが脱げてきます。今日は、上のピンクの服に合わせてピンクの模様のソックスをコディネートして穿いてきたのですが。こうでねーと(コーディネート)いけねえ、てね(笑)。
 そんなに歩いていない所でロープが張ってあり行き止まり。

 自転車の場所に戻って乗ったら、あら大変、チェーンがはずれています。さっき、倒しかけたときはずれたのでしょう。
 困った、わかんない。やっちさんにSOSの電話かけようかしら、車なら近いから、と頭をかすめましたが、いやいや、このくらい、サイクリストは自分で対処できなければいけません。
 でも、うまく直せません。そこに救いの神!
 「こんにちはぁ。」とローディさんがひとり、声をかけて走りすぎようとしました。
 「こんにちは。」・・・そうだ、助けて!
 「すみませーん。」
 簡単に直してくれました。
 ありがとうございます!
 ローディさんが飲み物を飲んで、すぐ行き去ろうとしないので、「お先に失礼します。」と言って、また次の上り坂に向かいました。

 城山湖。紅葉ではないけれど、素敵な景色で、湖の色も魅力的。気持ちよかったです。
 金毘羅神社がどこだったのか結局わからなかったけど、航空神社という所まで歩いてまた戻ってきました。

 時間があれば相模湖か津久井湖にも寄るかも、と思っていましたが、もう3時。今日はこのまま帰りましょう。
城山湖
 
帰り道
 帰りは、ずっと下り坂でらっく楽。
 でも、カーブになっているのでそれほど飛ばせません。

 小松に出ました。あれ?さっきは小松橋から入ったのに、道なりに来たらこっちに出てきたのね。

 お昼を食べ損ないました。お店に入って食べるのも面倒くさい。おなかもそんなに空いてないし、このまま帰っちゃおう。
 川尻、向原を通って上溝駅前を通って座間街道に出て帰ればいいかな。
 途中で道を考えるのも面倒だから、チャリナビに従って行きましょう。
 て、チャリナビは私が思う方向と違う道をナビしています。どうやら国道16号に行かせたいみたいです。
 やーよ、R16号は車が多いから。無視して南下を続けていると、ナビは再検索を繰り返しています。
 そのうち、やっと私の意に沿いました。

 上溝駅を通り過ぎて、あれ?星が丘で右折じゃないの?
 チャリナビが直進、て言うから従うことにしました。
 なんだ、やっぱりR16号に行かせたかったわけね。
 しゃぁないわ。このままR16号で帰りましょ。

 R16号は渋滞していました。狭い路肩を走りながら、それでも歩道よりは走りやすく、臨機応変に歩道も走りながら、つきみ野に着いたときはまだ明るかったです。

 城山湖からうちまで25km。近いのね。
 明るいうちに帰宅したのは久し振りです。
 あんな坂道を上ったのに、帰ったときは疲れを感じませんでした。
 帰り道、やきとりの匂いをかいだら、そうだ、今日はM子は帰りが遅くなると言っていたからダーリンとやきとりでも食べに行こうか。
 でも、行きたくないと言った時のためのビールも買って帰りました。
 ビールを買ったクリエイトで、空腹を感じました。おなか空いたぁ。

 うちに着いたらダーリン居ないの。
 またパ○○○か。勝ったらそのお金で行けるかな。最中に電話を入れると(邪魔されて)おまえのせいで負けたと言われるので、どこに居るのかと電話しません。

 城山湖で売店もなく、食べ損なった昼食を夕方5時過ぎうちで食べ、アルコールを飲んだら、疲れが出てきました。
 シャワーを浴びて、パソコンに向かっているとき、ダーリンは負けたと言ってビールとつまみを買って帰って来ました。即ち、うちで晩酌。

 明日は、晴れても家事に専念して、HPアップしよう。
 あさってはどこに行こうかな?