×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アビオスサイクリング
ちょこっと白根不動尊に行って白糸の滝を見てきましょ。
2009年1月3日(土) 快晴
◆ルート
START〜目黒〜国道16号〜愛宕〜白根神社〜白根不動〜白糸の滝〜白根〜国道16号〜目黒〜END
時間帯 走行時間 平均速度 走行距離 最速速度
9:56-12:16 1:40:26 19.2 Km/h 32.28 Km 35.5 Km/h
今日もご馳走食べるからその前に
 昨日福山市の鞆から実家にやって来た姉夫婦を迎えて、今日実家に集まってまた宴会です。
 昼間は鎌倉に出かけたいので夕方に戻るという姉達に合わせて、宴は5時開始予定。
 遅くなるので、今日は私も電車で行きます。けぇ。は都合がつかず、けぇ。の車もなし。M子も私も仕事で車を運転するのに、うちの車の運転はしたくない。
 今日はチャリで実家に行かないし、今日もご馳走を食べるので朝のうちに軽くサイクリングに出かけましょう。
 linkaさんの書き込みにあった白根不動尊が距離的にも時間的にも丁度良さそう。片道10km。
      
もう行かなくちゃ
 昨日、箱根道をチェックするために箱根駅伝往路の中継を見ていたのですが、一番ポイントの第5区を気を失って(寝た、ともいう)ほとんど見ていないので、今日の復路で見ようと思ったのですが、ゆっくり見ている時間がないので録画しました。
 道を調べたりしていたら9時過ぎちゃいました。もう行かなくちゃ。
勢い余って行き過ぎたぁ
 今日もいい天気。
 旧国道16号を快適に走ります。正月は車も少なくていい。
 予め調べた地図で、相鉄線鶴ヶ峰駅の少し先の白根不動という信号で左折すればいいと、その標識を目標に走ります。

 追い風なのでしょうか、快調です。
 あっという間にほぼ10km地点。
 あれ?鶴ヶ峰の標識も白根不動の標識もないなあ。そろそろのはずなんだけど。
 調べたとき間違えたかな?
 今日は簡単な道だからと、チャリナビも地図本も持って来ていません。
 印刷した地図をポケットに入れてきたことをすっかり忘れています。

 西谷を過ぎてから、鶴ヶ峰、て和田町より先だっけ手前だっけ?和田町は母校の最寄なので知っているし、昨年11月野球部のOB戦を見に行ったばかりですが、先だか手前だかどうしても思い出せません。
 5〜6km多く走っても体力的には大丈夫。お昼までに家に戻れれば大丈夫。とそのまま前進し続けます。
 それにしてもおかしいなあ、と思いながら。
 と、洪福寺。あれぇ、もう、横浜じゃん。絶対違う。
 人に道を尋ねたら、だいぶ離れているわよ、と気の毒そうに言われてしまいました。
 やっぱり。そこでUターンしてすぐ見上げた標識に「鶴ヶ峰 6km」。ひゃ〜、6kmも来すぎちゃったんだぁ。

Uターンしてすぐ見上げた標識

 向きを変えたら、まーーーあ、アゲンスト、向かい風、強い風。
 行き過ぎたのは、元気な私の勢いじゃなくて、単に追い風のせいだったのか?
 こちらから行くと鶴ヶ峰駅より手前だったはずだから、5kmくらい走ったら要注意か。
 5kmくらい戻ったところで、右折するので、右側に渡り歩道を走り、標識に目を配りながらゆっくり走りました。
 まだか?白根公園、白根不動尊、白根神社、白糸の滝。何度か人に尋ねるが、「ずっと向こうですよ。もっと近くに行って尋ねてください。」「よくわからないけどかなり向こうだと思いますよ。」という答え。
 誰も「知らねえ(白根)。」とは言わなかった(爆)。・・・・・・ (爆)初めて使ってみた。

 最後に信号愛宕の手前で尋ねた女性が「私も今行ってきたところよ。」と言って教えてくれました。もう、間違いない。
   
11:10 白根神社到着
 少し急な坂道の前方に鳥居が見えました。その坂を楽しんで、神社に到着。
 鳥居をくぐって進むと社務所があって、お札なども販売している小さい割りにはそれなりの神社。参拝客もそこそこ居ます。

 人が多くてスピードが落ちるのでサイコンをはずします。
 すぐわかりました、白糸の滝。
 隣接する白根公園に老若男女、ベンチにすわってのどかにすごしています。

 では、帰ります。
白根神社〜白糸の滝
帰宅後
 家に戻ったのは12時過ぎ。
 家族の昼食の仕度をして、自分も食べてシャワーを浴びて、駅伝録画中のビデオを止めてバッグにしまい、少しブログ更新して、結構バタバタ忙しく、予定の電車を1本遅らせて出発しました。
 今日は、料理を4品用意し、実家に着いてからもう一品作りました。
大船
 大船に着いて、大船名物の鯵寿司を買って、久し振りに大船観音様の写真を撮り、タクシーに乗車。

 タクシー代を千円用意していますが、メーターは980円。千円超えたらまた財布を出さなきゃいけないのが面倒。
 実家に近付きながら、「その先、左に曲がってください。」「つきあたったら右折してください。」「その先の千円になる前に止めて下さい。」
 最後のジョークは運転手さんにウケませんでした。
 でも、無事千円以内でセーフ。
実家にて
 4時前に実家に到着。
 兄の家族もまだ来ておらず、姉夫婦もまだ戻っていません。
 持参した料理を盛り付け、テーブルに並べたので、みんなが集まるまで、持ってきた箱根駅伝のビデオをひとりで見ました。
 兄がさくらさんの料理を持ってやって来ました。
 また準備にとりかかり、さくらさんとさっちゃんもやってきて、4時半過ぎ、姉夫婦も到着。
 姉には、何もしなくていいと言ってあったのですが、福山土産の蒲鉾類を皿に並べて「これで、私も料理したよ。」と。
 さくらさんも手巻き寿司の材料と煮物を持って来てくれました。
 
 予定通りほぼ5時きっかりに開始。
 おなかもいっぱいになると、姉が趣味のフルート演奏を披露してくれました。
 廊下でリハーサルに「Over the rainbow」を吹いた後、みんなの前に立つと始まったのは「津軽海峡冬景色」。大うけ。
 2曲目は、「星に願いを」
 姉「何でも言って。何でも吹けるから。」
 私「法螺吹いて(大げさなでたらめを言ったり、大きなことを言ったりする。)。」
 姉や私のようにピアノを習った人は、メロディーがわかれば音階がわかるので、なんでも演奏できるものね。だからアドリブでハモることもできるのです。

 探し物見つけたら100万円
 7時頃台所で片付けをしているとき、姉がフルートの部品(?)を探しています。さっき台所に置いたんだけど知らない?
 その辺を見たけどありません。みんな心の中では、姉がどこかに置き忘れてるくらいに思っていたのでしょう、あまり真剣に探しません。
 姉は真剣な眼で、二階に行ったり自分の軌跡に戻って探しています。
 義兄(姉の夫)の知恵で、「見つけた人に百万円差し上げます。」と言ったら、皆手を止めて探し始めました。
 百万円なんて払うお金あるの?とか、あるよ、退職金入ったばかりだから、とかややリアルモード。
 しばらくして、姉が「あった〜。」と二階から。やっぱりね。失くしたのは本人でした。
 良かったね。見つかって?百万円払わずに済んで?

 宴の後はコーヒーを飲みながら箱根駅伝のビデオをみんなで見ました。
 高校生のさっちゃんは、7時過ぎに抜けて塾に行ってます。
 9時になったのでビデオを中断して解散することに。

 兄とさくらさんとM子と私は帰ります。
 途中で兄達と別れて大船駅まで歩きました。