×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アビオスサイクリング
傷心復活サイクリング〜葉山マリーナ〜稲村ヶ崎〜江ノ島
2009年2月1日(日) 快晴&強風
◆ルート
START〜目黒〜大和橋〜境川〜藤沢橋〜南藤沢〜32号〜長谷〜国道134号〜鎧摺〜国道134号〜稲村ヶ崎〜新江ノ島水族園〜片瀬江ノ島駅〜境川〜大和橋〜つきみ野生鮮市場〜END
時間帯 走行時間 平均速度 走行距離 最速速度
14:20-19:12 3:45:47 19.2 Km/h 72.35 Km 38.5 Km/h
絶対走りに行きたい
 プロジェクトふぅへの参加が駄目になって大きく落胆した私。
 それは仕方ないと諦めても、生き甲斐と知ったサイクリングという趣味をやめるわけにはいきません。
 この一週間、理事会の仕事で忙しく、寝不足でコアリズムもできなかったから、体を爆発させたくて仕方ありません。
 午前中の臨時理事会が予定より2時間延びて、終わったのが1時過ぎ。
 主人の昼食の用意をした後、主人の承諾を得て、夕飯の7時頃までに帰るという約束でサイクリングに出かけることにしました。

 ここ二日間ほど主人と険悪なムードになって、気分もムシャクシャしたから、境川を思い切りかっ飛ばして走り、海に出てボーッと沖を眺めたいという欲求に駆られました。

 折角海に出るなら、許容時間内で行けそうな大崎公園まで行ってみよう。行ったこと無いから。景色もいいらしいから。

 でも、朝から風が強く、ビュービュー音を立てています。向かい風に遭おうものなら、苦しい目に遭うでしょうが、今日は行かないと気が済まないので、行きます!
      
往路の境川は順風でルンルン
 今年の元日に、うちから稲村ヶ崎まで1時間半で着いているから、それよりちょっと遠い大崎公園まで行っても時間は大丈夫そうだけど、かっ飛ばしたい気分だし、着いてからゆっくりしたいからと、境川はできるだけスピードを出しました、無理しない程度に。
 追い風だったのでしょう、とても軽快に走ることができました。

 15:12 藤沢橋の手前の境川終点着
 ここまでの
 走行時間:0:48:04 平均速度:26.2km/h 走行距離:21.10km 最高速度:38.5km/h
 元日は
 走行時間:0:55:32 平均速度:22.8km/h 走行距離:21.26km 最高速度:29.9km/h
 でした。
 今日の方がずっと速いです。ずっと平らな道だったのに、どこで38.5km/hも出たのでしょう?
 所要時間も10分違います。
 調子いいゾ。
大崎公園はどこ?葉山アリーナまで来ちゃった
 15:40 由比ガ浜海岸に出ました。
 海だーっ!
 もう午後なのに、これから逗子方面に向かう車で結構渋滞しています。
 大崎公園は最初のトンネルをくぐった先のはずですが、何の案内板もありません。
 右手の公園に入れそうな道も見当たりません。
 逗子海岸の先立ったか、手前だったか。
 今日は地図を持って来ていません。

 逗子海岸から富士山が見えます。もう夕方になるから、見えるうちに富士山を撮っておきましょうか。

15:54 逗子海岸から
 16:00 鎧摺まで来てしまいました。これは来すぎじゃない?葉山マリーナのすぐそばです。
 折角だから、この辺で遊んでく?
 いえ、もうあまり時間がありません。すぐUターンしましょう。

 あそこが大崎公園だろうと思われる出っ張りがあります。
 でも、戻った道から大崎公園に入る道がわかりません。結局またトンネルをくぐっちゃいます。
 
 大崎公園に来るのが目的だったのに、目的を果たせませんでした。
 時間もないから、また元来た道を帰る?
 いいや、このままじゃ面白くありません。
 稲村ヶ崎に富士山見に行こう!
   
稲村ヶ崎 16:25着 
 稲村ヶ崎に着いたら、富士山の撮影ポイントはスタンドを立てたカメラマンでいっぱいでした。
 夕日と富士山のツーショットを狙っているのでしょうか?
 海岸にもたくさんカメラマンが居ました。
 右の写真、富士山の方向に居るおじさんが邪魔です。どいてと言いたいけど、気が弱いふぅは言えません。
 よっぽど下の砂浜に下りて、富士山がよく入るところに行こうかと思いましたが、自転車と一緒だとちょっと大変そう。
 諦めて早々に稲村ヶ崎を離れました。
 境川CRに入るつもりなので、そこまでR134を進みます。途中で富士山を撮るも、うまく撮れません。
 そうだ、水族館の辺りから富士山がよく見えるんじゃなかったかな?
 時間も押してきましたが、そこまで行ってみましょう。

 七里ガ浜海岸を走っているときだったでしょうか?
 後ろからうるさくエンジン音を鳴らして近付いてくるバイク。
 うるさ〜い。
 なるべく端に寄って追い抜かせます。車が渋滞しているので、道路の端を走る私は邪魔でしょう。
 ばばあ、邪魔だ、どけっ、て言われるかと思ったけど、一応私が遠慮している姿に素直になったかな?
 うるさいけど、数台のバイクがゆっくり安全に私の横を抜いて行きました。
新江ノ島水族館裏
 水族館の横を通って海岸に出ました。
 きれいっ!富士山と夕日っ! 
 さあ、もう5時です。
 ここからなら1時間半くらいで帰れるでしょう・・・普通なら。


飽きないよ、富士山と夕日

同じような写真ばかりですが、見ることに飽きず、いつまでも見ていたかったという気持ちを汲んでやっておくんなまし。
帰りの境川は強風との闘い
 普通じゃありませんでした、今日の風は。
 でも、強風に負けない今日のふぅ。・・・きょうふうときょう(の)ふぅ・・・ね。
 平坦な境川CRなのに、思いっきり立ち漕ぎ、てどういうこと?
 向かい風がとてつもなく強い。・・・・しょうゆうこと。
 6時半までに帰って夕飯の仕度して7時。
 すわって漕いでたらなかなか前に進まない。えーい、ダンシングゥ。
 立って漕ぐと、水平だけど坂を上っているときのようなグィッグィッという手応え、いや足応え。いい感じ。
 でも、やっぱり腿が疲れます。
 時々座ってこいではまた立ち上がって漕ぎます。

 なんだ、こんな風。負けるもんか!こんな風くらいに負けるようじゃ、サイクリングが生き甲斐だなんて言えないよ。
 こんな向かい風なんてやっつけてやる。
 だって、絶対サイクリングやめたくないんだから!
 今日は、7時頃までに帰る、て約束しちゃったから、遅刻できない。
 今日の風は凄い。
 あの富士スピードウェイを走った日とどっちが強い?
 あの真鶴まで行った日とどっちが強い?
 でも、Mじゃないけど、この強風も楽しめちゃうんだなあ。今まで強風の中のサイクリングは嫌いだったのに。
 
 日も暮れて、風が冷たくなってきました。
 風は容赦なく吹き付けてきます。
 一生懸命漕いでるから寒くはないのだけど・・・。
 足が冷えて痛くなってきました。腕も痛い、肩も痛い。寒くはないのに体が冷えて痛〜い(;O;)。

 足も疲れて来ました。自転車から降りて歩けるかな?
 この辛さは、サイクリングを始めたばかりの頃を思い出します。
 あの頃も、遠出した帰りは、やっとの思いでつるかめランド(現つきみ野生鮮市場)に着き、へっぴり腰で痛い足を引き摺り、やっとの思いで買い物をして帰ったものです。
 だから、今日のようにクタクタになると、そんな最初の苦労とか、ヤビツ峠に上ってくたくたになって帰った日のことなどが懐かしく思い出されるのです。
 苦しかった思い出は、皆懐かしい思い出になっています。

 やばい、7時に間に合わない。
 とりあえず、すぐ食べられるものを買って、それを食べている間におかずを作ろう。
 ・・・本当は、すぐお風呂に入って、冷え切った体を温めたいけど。
 言うつもりのない言い訳も考えていたなあ。
 自転車も渋滞にあうんだよ。ホント、狭い道路で何度か渋滞に巻き込まれたことはありましたね。今日はないけど。
 
 目黒の交差点を過ぎて、観音寺の信号から最後の上り坂。一気にダンシングで駆け上がるふぅ。
 かっこええー!やろ。まだ元気よ。
 
 つるかめに7時10分前に着いたのでその旨をダーリンにメール。とりあえず、安心させるために。
 家に着きました。
 ダーリンは夕方5時頃、お昼ごはんの残りを食べたばかりでまだおなかは空いていないと。
 じゃあ、先にお風呂入っていい?
 いいよ。
 お風呂を入れて洗濯物取り込んで・・・
 さあ、お風呂っ。
 あ〜、天国だぁ。冷え切った体の痛みが解けていくぅ。

 今日の走行距離は、72.35km。
 へぇ〜、5〜60kmくらいかと思っていたけど、70kmでも半日で行って帰って来れちゃうんだ。
 これなら、ロングライドでも、朝早く出かければ、帰りが遅くならずに帰れるかも。

 今年は、ちょっと遠い、ちょっと高い、そんな行きたい所がいっぱいあるんだ。
 

片瀬江ノ島駅に寄って