アビオスサイクリング
田浦梅林〜十三峠〜塚山公園〜横須賀しょうぶ園
2010年3月13日(土) 晴れ & 強風
◆ルート
START〜目黒〜八王子街道〜旧国道16号〜築池〜水道道〜環2市沢上町右折〜県道17号(=環状2号線)〜打越右折〜県道22号〜栗木直進〜大塚沢直進〜金沢文庫駅〜国道16号〜田浦駅入口右折〜郵便局前左折〜田浦梅林〜田浦3丁目右折〜国道16号〜田浦駅前左折〜田浦駅〜田浦駅前直進〜右折〜新田浦トンネル手前左折〜十三峠〜三浦安針墓〜塚山公園〜国道16号〜右折〜逸見駅〜池上十字路右折〜インター入口左折〜阿部倉トンネル〜横須賀しょうぶ園〜インター入口左折〜県道27号(=横須賀葉山線)〜湘南国際村入口直進〜葉山大道右折〜国道134号〜長柄直進〜鎌倉葉山線〜311号〜下馬右折〜県道21号〜若宮大路〜鶴岡八幡宮〜県道21号(=鎌倉街道)〜北鎌倉駅〜実家END
時間帯 走行時間 平均速度 走行距離 最速速度
10:32-18:49 5:00:22 14.8 Km/h 74.09 Km 37.5 Km/h

 今日は、天気が良かった。暖かかった。でも梅には遅かった。
 風が強かった。スピード出なかった。風にあおられ横揺れ怖かった。
 坂が多かった。面白かった。きつかった。
 道が狭かった。
 カッタ、カッタ、カルカッタ(は?)
 マスカッタ(違うよ!)
 キットカッタ(違うよ!)
 ケントデリカッタ(ちうよ!(ケントデリカット風に))
 楽しかった。そりゃ良かった。
 チャン、チャン。

 今日は、はじけることができました。
 そう、強風のせいかちょっと遠く感じるくらい走り甲斐があったので、思いっ切り体を使ったからとても満足です。

 今日は、このサイトのルートをたどってみるつもりです。

三浦半島へ
 今日は朝早く出る気満々で6時のアラームに目は覚めましたが、やっぱり体がしんどくて頭も痛くて、今日は風が強いから明日にしようか、今日は電車で実家に行こうかなどと迷いましたが、後悔する前に意を決して起き上がり、そうしたら頭痛もなくなっていて、遅いながらも出発。

 三浦半島へ出るには、環状2号線に入ると近くて楽です。
 ルート検索でルートを調べると、上川井から保土ヶ谷バイパスに並行する道があるらしいのですが、以前もトライしたもののその道は見つからず、その道があればどれだけショートカットできていいかと思うのに、今日もその道がわからず、水道道をしばらく進んでから環2市沢上町という交差点で環2に入りました。

 環2に向かう途中の八王子街道の筑池という交差点で水道道の右手の道に入りましたが、この道は狭いです。


環2は歩道が広くとても走りやすいです。保土ヶ谷バイパスと交差したり大きな道を越えるときは、スロープのある歩道橋を渡れるのでいいです。
 でも、今日の強風では、歩道橋の上を通るとき、とてもこわかったです。

 打越で環2を降りて、県道22号を走ります。
 この道はとにかく直進、栗木を直進、大塚沢を直進、金沢文庫駅に突き当たります。本当はその手前で右折すれば良かったようですが。
 この道を走りながら、風が強いせいか、やっぱり三浦半島は遠いなあ、ママチャリでこんな所までよく来たよねえ、とまた感慨にふけります。
 
 県道22号から追浜あたりの国道16号は路上駐車も多いけれど、車があまり多くないので比較的走りやすいです。
 前方に大きな体のクロスバイク(?)の男性。信号無視。あ、自転車進入禁止の高架に入っちゃったよ。サイクリング始めてまだ間もないのかなあ。
 だめだよ、正しく走らなくちゃ。

田浦梅林
 それにしても遠いなあ。
 やっと田浦。
 田浦梅林の幟が見えてきましたが、どこから入ればいい?
 田浦駅入口。来すぎちゃったみたい。戻ります。信号待ちで丁度白バイのお兄さん。
 「すみません、ここから田浦梅林に行けますか?」
 さわやかに、わかりやすく教えてくれました。かっこええ。
 
 田浦梅林入口という所を左折。道なりに奥へ、奥へ。
 ありました。田浦梅林の入口。
 急坂。燃える。ビデオスタンバイ。
 助走して急坂を駆け上がります。動画〜田浦梅林入口の坂
 なんだ、もう終わり。やっぱり自転車を置いて階段を昇るしかないようです。
 
13:34 田浦梅林
ここまでの
走行時間2:22:41 平均速度16.2km/h 走行距離38.64km 最高速度37.5km/h

←クリック拡大

まだたったの38km。遠く感じたのはやはり強風のせいでしょうか?

動画〜田浦梅林

あー、お腹空いた。
散策の前に東屋でまずおにぎりを。
展望台まで来ました。→
標高126.3m。
←クリック拡大
←クリック拡大

十三峠〜塚山公園〜逸見駅
 ワクワクします。だって、峠でっせ。どんな坂が待っていることでしょう。
 でも、どの道を行けばいいのかよくわからずウロウロしながら、目途が立ったところで田浦駅でトイレ休憩に寄り、そのあとも本当にこの道でいいのかと不安に思いながらも、やっと行き着きました、十三峠の道標に。
15:00 十三峠の道しるべ
 道に迷いながら、最後は急坂を上ってここにたどり着き、この道標を見てホッとしました。

    

動画〜富士見台
15:09 十三峠 15:17 富士見台

15:20 三浦安針墓

←クリック拡大

この階段は昇っていませんが。

15:30 塚山公園


    左・・・大楠山  →
    右・・・京急逸見駅
港の見える丘、と。 ここを上っていくと港の見える丘
動画〜塚山公園〜港の見える丘
さて、次は逸見駅に下りて横須賀しょうぶ園を目指そうと思いますが、階段しかないのか・・・・?
動画〜逸見駅に下りる道だけど・・・

今下りて来た激坂を上るべきか、この階段を自転車を抱えて下りるべきか?
それが問題だ。

キマッテルでしょ。
アタシを誰だと思ってる?
自慢じゃないけど、プチSAKABAKAでっせ。

 下るときギアを重いのにしていたので、そのままでは漕ぎ出せないから、押しながらギアを下げたらチェーンがはずれかけ、後ろのタイヤを持ち上げてペダルを回してなんとかセーフ。

 漕ぎ出し、こけですべりそうでこわいですが・・・。
 少し下がって、さあ、行けーっ!

動画〜逸見駅に下りる道をバック
犬と散歩中の中学生くらいの男の子に道を尋ねたら、やはり階段を降りるしかないと言います。
その階段を通り過ごして進みましたが、行き止まりでした。男の子の言うとおり階段を降りるしかないようです。

こんな階段を。
自転車を抱え、腰骨に引っ掛けて。
安産型の腰は骨盤に自転車が収まります。一応くびれてるんよ。

とはいえ、腕が疲れるので時々自転車を下ろして休みつつ。

この辺の生活者は、ここに自転車を置いて歩いて階段坂を昇り家に着くのでしょう。
 
横須賀しょうぶ園
 もう、夕方の4時を過ぎています。横須賀しょうぶ園、どうしましょう?
 近くまで来たとき、まだ明るかったので寄ってみることにしました。
 着くと、広そう。しょうぶのシーズンではないし、枝垂れ梅だけ見られればいいから、駐車場誘導のおじさんに「枝垂れ梅はどの辺かご存知ですか?」と尋ねてみましたが、ノー。入口で聞いてみて、と。
 5時閉園です、て。あと30分。
 しょうぶ園の入口で自転車を止めていたら、さっきのおじさんがついてきていて、「聞いた?」「いえ、まだ。」
 そうしたら、園の人に聞いてくれました。
 「もう、終わってるよ。」
 あら、ほんと。

 ほかに見所は?(見頃の花は?と聞くべきでした?)
 クリスマスなんじゃらかんじゃら、菜の花もきれいに咲いてるよ。
 せっかくだから、入園料もただなので、雰囲気だけでも撮って行きましょう。

しょうぶの季節なら、きっと素晴らしいことでしょう。

帰るとき、駐車場の前にさっきの親切な警備員のおじさんがいたので、「ありがとうございました。」と挨拶してさようなら。

通りすがりの新善光寺
 県道27号の上り坂で、ふと目に留まった鮮やかなピンク色。

鶴岡八幡宮
 通りかかったとき、そういえば、強風で倒れたというあの大銀杏の木はどうなったでしょう?と立ち寄ってみました。
大銀杏の所は工事中の幕がかけられていました。
これ以上は中に入れません。
 今日は、実家に泊まります。